工房造り

 皆様こんにちは。 前回予告しましたが、工房作りも大分進んでまいりましたので状況を報告します。

 前々回の報告で、工房にと思っていた家屋の床が腐って抜けていた旨報告しましたが、よくよく親に話を聞いてみると、築70年もたった家屋だそうで前回の改装がいつだったかも定かでないとの事でした。
 約30年前に増築して以来、あまり利用もされていない家屋ですので傷むのも当然です。

画像


 外観はこんな感じ。
 床修理の模様を記録したかったのですが、カメラを大阪の家に忘れていたため記録できませんでした。
 申し訳ありません。
 以下の写真は、床を張り替えた後、荷物の搬入、機材設置の様子です。

 親戚の叔父に大部分をやってもらっていますが、やはり素人大工であるが故手出しできない部分(根本的な柱の処理や床の高さ等)が多く、床がぜんぜん平行でないと言う状態になっております。(笑

 後で色々と考えてみると、築70年経過した建造物は、自重で地面に沈むということに気付きました。
 建物を支える部分はほんの数箇所しかなく大部分は小さな点で支えられています。そのため長い年月をかけて地面にめり込んでいる形跡があり、重みが少ない部分との高さが違ってきているようです。
 七十年前にはコンクリートで基礎を打つなんて事は一般的ではなかったんでしょうね、特に田舎では。 床を剥がすと石が置いてありそこが基礎になっている事が良くわかる構造です。

画像

画像

画像


  床修理後荷物を搬入し、機材を設置設定している写真です。 6畳間と8畳間を開放状態で使用していますので合計14畳の結構広い設計、工作スペースが確保できています。
 ただし日本家屋の特徴でもある壁が殆ど無い構造が結構問題で、壁を利用した配置が出来ずレイアウトに苦労します。 写真の風景に至るまでに数回のレイアウト変更を行っています。
 旧工房とほぼ同じ配置に拘った部分が若干ありますので無理なレイアウトになっている部分もあり今後使いにくいと感じれば随時変更・・・ということになると思われます。


画像


 Web環境。 本当に本物の田舎と言うところは、行政が情報インフラに力を入れますのでケーブルテレビ網が充実しております。 それを利用したWeb環境はかなり前からありました。
 ところが、最近急に田舎でもインターネットを利用しようという人が激増している様で、四月の下旬に工事予約を入れてからほぼ一月の待ちとなりました。 試験の結果フレッツADSL並の速度は出ているようです。


画像

画像


 電気関係。
 写真をご覧になられた方の中には懐かしさを覚える方もいらっしゃると思います。
 瀬戸物製のガイシと布巻きの電線・・・70年前の電気配線がそのまま利用されています。
 これは驚きです。(笑
 建物が出来た時は、電灯の設置しか考慮しなくていい時代だったのでしょうね、実はこの部屋にはコンセントが一つしかありません。(笑
 14畳の大間にたった一つですよ!(笑
 機材を動かすために必要な電力は実は大きくないのであまり問題にはならなりませんが蛸足配線も過剰になると危険ですので、現在コンセントの増設工事を予約しています。
 工事屋さんの話では、そもそも電柱からの引き込みの容量が足りていないので電柱からの工事になるでしょうとの事でしたので結構大事ですね。(笑
 いろんなことが経験できて本当に面白いです。

画像


 自分の工作、計測スペースですが旧工房の時と同じ様に配置しています。 やはり慣れた配置がいいですよね。

 さて、工房の整備の方も大詰めを迎えています、6月1日からの稼動を宣言していましたので未だ途中っぽい部分はあるものの完成を待っていてはいつまでも稼動出来ないと思いますので、見切り発車ではありますが正式に稼動としたいと思います。

 細かいことはWebサイトに反映していきますのでよろしくお願いします。

 尚、メールサーバーの設定を色々と弄っていた関係で本日はじめてみたメールが結構あります。申し訳ありませんが、すぐ返事を書きますので少しお待ち下さい。
 又工房整備関連で外に出ることがあってすぐに対応できないもありますのでお急ぎの方は、工房のWebサイトに掲載しています携帯電話の方に連絡をいただけば幸いです。

 では又次回。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ひげおやじ
2009年06月01日 20:22
工房正式稼働おめでとうございます。ひっこしお疲れ様でした。宝塚のF澤です。大音量でも苦情のない環境がうらやましいです。また資金ができましたらまたお願いしたいと考えています。よろしくお願いします。
普賢岳の300B
2009年06月08日 09:06
空気が済んでいるところですから音も澄んでいるでしょう。素晴らしいところに引っ越されましたね。今ではインターネットがあれば田舎のほうがはるかに豊かな生活ができます。ほんとうにおめでとうございました。資金が溜まったらまた製作をお願いします。よろしくお願いします。
2009年06月19日 21:48
> ひげおやじ様
 旧工房時代は色々とありがとうございました。 色々と構想を練っておいて下さい。 お手伝いできる日を楽しみにお待ちしております。

 大音響・・・確かに都会と違って家が離れている分有利です。 が、逆に都会と違って夜が早いので大きな音は結構目立つと言うデメリットもあったりします。(笑

> 普賢岳の300B様
 確かに仰るとおりですね。
 こと情報に関してはほぼ格差が無くなっていますから田舎で不便を感じることはあまりありません。
 ただ都会暮らしに慣れ過ぎたせいかコンビニが恋しくなることが多々あります。(笑

 最後になりましたが、普賢岳の300B様のお手伝いが出来ることを楽しみにお待ちしております。

この記事へのトラックバック